デリケートゾーンの痒みは人知れず治したい

人知れず治したいデリケートゾーンの痒みについてです。

女性の2人に1人は感じている
デリケートゾーンの痒みですが、
その原因は様々です。

痒みの原因として多いのはムレ、
おりもの、ナプキンなどによる摩擦です。

ムレて湿度や温度が高い状態は雑菌が
繁殖しやすく、かゆみなどの
トラブルが起こりやすくなって
しまいます。

場所が場所だけに人前では痒みを
我慢するしかありませんし、
寝ているときには無意識のうちに
掻きむしって悪化してしまうことも
ありますし、これは人知れず
なんとか解消したいものです。

解消法ですが、ムレが気になる場合は
綿素材の下着に変えたり
少しゆとりがある下着を
身につけるようにします。

また、ぴったりフィットするパンツや
ジーンズ、ストッキングや補正下着は
避けるのがベストです。

できれば、スカートスタイルで
過ごすことをおすすめします。

経血・おりものなどの分泌や
ナプキンなどでもムレやすく
かぶれやすので、ナプキンや
シートはこまめに交換するようにしましょう。

デリケートゾーンの痒みに
悩んでいる人は、おそらく
ナプキン選びにも慎重になっているかと
思いますが、「肌に合うタイプ」を
セレクトしてください。

布ナプキンに変えたら、かぶれや
痒みなどのトラブルが解消された
という声も多く聞きますので、
布ナプキンを試してみるのも
ひとつの方法です。
私も布ナプキン派ですよ。
オーガニックコットンの布ナプキン LINTEN

nunonapukin

また、ホルモンバランスが崩れても
痒くなりやすいです。

布団に入った時や入浴後の体が
温まった時などに激しい痒みを
感じる場合はホルモンバランスの
崩れを疑ってください。

更年期の女性だけでなく、現代は
ストレス社会なので若い女性でも
ホルモンバランスは崩れがちです。

この場合、女性ホルモンの
エストロゲンに似た働きをする
大豆イソフラボンを、豆腐や納豆
豆乳などから摂るように心がけ、
上手にストレスを解消していきましょう。

そしてトイレでは柔らかい
トイレットペーパーを使い、
こすらずやさしく拭くようにします。

入浴時も石けんでごしごし洗わずに
ぬるま湯で優しくソフトに洗います。

寝ている間に掻きむしって
しまうようでしたら手袋をして寝たり
どうしても我慢できないときには
就寝前にかゆみを抑えてくれる
非ステロイドの軟膏を塗っておくとよいです。

その場しのぎではなく、なんとか
解決したいときは、肌のバリア機能が
回復するように十分な保湿をします。

肌のバリア機能は保湿によって
修復され、それによって
トラブルも改善に向かいます。

例えば、私が気に入っている
みんなの肌潤糖は100%無添加
自然素材で、しっかり十分に保湿を
してくれる優れたスキンケア商品です。

デリゾーンでも安心して使えます
私はアトピーなのですが
デリケートゾーンも痒くなった時に
使ったら潤って解決しました。
全身のかゆみ改善と保湿に使って助かっています。
体験→みんなの肌潤糖でかゆみ改善の体験

みんなの肌潤糖は砂糖スクラブなので
入浴時に塗って優しくマッサージ
した後にさっと洗い流しましょう

アトピー改善によいと評判で、
しかも掻きすぎてできた色素沈着も
少しずつ改善してくれる
みんなの肌潤糖で、
デリケートゾーンの悩みも解決です。
公式サイト→みんなの肌潤糖でかゆみ改善で保湿ケア

ただし、上記のことを実践しても
かゆみが激しい時や、おりものに
色がついている場合、
デリケートゾーン近くに
イボができていたりと通常と
違う場合は性病の可能性もあるので
婦人科受診をおすすめします。

関連記事: