VIOラインのベストなムダ毛処理方法

VIOライン(デリケートゾーン:陰部)のベストなムダ毛処理方法についてです。

VIOラインのアンダーヘアの一番いい処理方法は何か、と悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

Vラインとはビキニラインの部分、
Iラインとは陰部の両側の部分、
Oラインとは肛門の周りの部分を指します。

これらの部分は元々メラニン活性が高くて皮膚が薄いのです。

だからトラブルを起こしやすく色素沈着(黒ずみ)しやすいのでムダ毛処理もあまり刺激のない方法を選ぶ必要があります。

一般的にはカミソリ、
電気シェーバー、脱毛クリーム、
脱毛器などを使ったり、エステで処理してもらっているようです。

おそらく多くの人は手軽なカミソリを使って処理していると思います。

お金もかかりませんしキレイに剃れて、とりあえずの応急処置としてはもってこいです。

しかし、あまり頻繁にカミソリで処理していると剃った摩擦で黒ずみができてしまいます。

その上剃って数日後にはちくちくしたりかゆくなったりと新たな悩みが発生してしまいます。

刺激に弱い部分ですので、ここはもっと肌に優しい処理方法を考えなければなりません。

脱毛クリームを使うと薬品の化学成分がデリケートゾーンの粘膜に負担をかけておすすめできません。

肌にやさしいということであればハサミで切りそろえるのが一番無難ではありますが自分で処理するにはVライン以外は難しそうです。

◆やはり専門家に任せられる、という人は脱毛サロンなどで処理してもらうのが確実でしょう。

最近はテレビCMでもよく見かけるかと思いますが・・
脇脱毛で定評のある脱毛サロンのミュゼプラチナムが最もおすすめです。

全国展開していますし清潔感がある店内なのでVIOライン(デリケートゾーン陰部)の脱毛も安心して任せられるからです。
価格も良心的な値段で追加料金が不要なのも人気ですよ。
レビュー→脱毛サロンのミュゼの料金は安い?

全スタッフが女性の女性専用脱毛サロンなので、気兼ねなく施術を受けられるのもいいところです。

脱毛方法はフラッシュ脱毛で、専用ジェルと光の相乗効果での減毛や除毛を目的とした先進のSSC脱毛です。

プラセンタエキスが含まれるトリートメントジェルで処理部分を施術後にケアしてくれます。

これで黒ずみにくくなって保湿できるので敏感肌でも安心です。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム

◆ただ、相手が専門家でもやっぱり他人に処理してもらうのは…とためらってしまう人もいると思います。

そのような人は、肌に優しく保湿力の高い抑毛ジェルのコントロールジェルMeを利用するとよいでしょう。

バージョンアップしてNewコントロールジェルMeになっていますよ。
肌に優しくなって抑毛効果もアップしています。

なんといっても妊娠中や授乳中、アトピーでも敏感肌でも小さな子供でも安心して使えるところが注目ポイントです。

コントロールジェルMeで自然に少しずつ細く薄くすることができます

刺激がないのに美白効果もあるのでデリケートゾーンが黒ずむこともなくすべすべ肌になれます。
口コミ→コントロールジェルMeの口コミ

1日2回VIOラインのムダ毛部分に毛の流れに逆らって塗るだけです。

早い人なら2週間、一般的には60日以内にムダ毛が薄く細くなっていきます。

コントロールジェルMeは、エステでも採用されている本格的な抑毛ジェルなので、脱毛サロンでの処理に気後れしてしまう人は、ぜひ試してみてください。

私も気に入って全身の無駄毛処理に愛用中です。

他の脱毛法(脱毛エステや自宅脱毛器具など)やカミソリなどの無駄毛処理方法のあとに必須の保湿剤代わりにコントロールジェルmeを使うと時短できて、保湿しながら抑毛してくれて、だんだん処理回数が減るのでおすすめです。

コントロールジェルMeは、顔もVIOラインも脇も手足も背中もおなかも全身のムダ毛処理や保湿に使えます。
公式サイト→「30日で赤ちゃんみたいなお肌に」話題のムダ毛対策ジェル

DSC_0600

関連記事: