陰部のかゆみで掻きすぎて血が出た!どうすれば良い?

陰部のかゆみで掻きすぎて血が出た!どうすれば良い?

デリケートゾーンのかゆみなどの悩みは他人には相談しにくいですよね。

女性は生理があるので、その時にむれたり、ナプキンでかぶれてしまったりします。

それ以外でも、急にかゆみが出てくる場合もあります。

特に生理中の時に、ナプキンを換える回数が少なくなってしまったりすると、湿気がこもり、雑菌が繁殖してしまいます。

陰部を清潔に保つようにきちんと取り換えるようにしましょう。

敏感肌やアレルギー体質の方は特に注意が必要です。

疲れなどからストレスが溜まり、抵抗力が落ちてしまうと、かぶれたり、かゆみが出たりもするので、ホルモンバランスの崩れる生理前や生理中はリラックスして過ごすようにしましょう。

また、膣カンジタが原因の場合もあります。

健康な人でも持っている常在菌ですが、身体の抵抗力がなくなった時に繁殖してしまいます。

おりものがチーズのようにポロポロしますので、その場合は、酷くなる前に婦人科を受診する事をおすすめします。

陰部を清潔にし、掻かないようにしましょう。

掻いてしまうと皮膚がただれてしまい、痛みも出てきます。

雑菌なども入ってしまい、腫れてしまう可能性もあるので掻くのは絶対やめましょう。

清潔に保つのは大事なのですが、洗い過ぎは禁物です。

ボディソープや石鹸が陰部の酸性を弱め、殺菌する力が弱まります。

専用のソープも売られていますのでそちらを使用する事をおすすめします。

また、掻いてしまうと、皮膚のメラニン色素を刺激して、黒ずみの原因にもなってしまいます。

必要な角質を剥がしてしまうので、バリア機能が弱くなり、かゆみも長引いてしまいます。

病院に行くのは気が引けるという方は、薬局でもかゆみ止めが売られています。

クリームタイプやジェルタイプ、ミストタイプも売られています。

ミストタイプは手で直接塗らなくて良いので、生理中でも使えて便利です。

普段ストッキングをよく履く方はあまり締め付けないように、ゆとりを持ったサイズを履いたりしましょう。

ガードルは汗むれを起こしたりもするのでなるべくなら、履かない方が良いです。

かゆみがおさまってから履くようにしましょう。

下着も肌に優しい綿100%のものを着けるようにしましょう。

性交渉も悪化してしまう可能性があるので控えるようにしましょう。

日頃から抵抗力が落ちないように、バランスの取れた食事や、睡眠をきちんと取る事や、ストレスを溜めないようにする事を気を付ける事が大事です。

普通の事かもしれませんが、お風呂も毎日入る事も大事です。

生理中は特に清潔に保つ事が生理が終わった後にかゆみが起こりにくくなります。

◆病気ではなく、単に乾燥が原因で痒い時は、保湿ケアをするといいです。

その際、普通の保湿ケアでは、ダメな時は、保水力維持を改善するライスパワーエキすNo.11を含むアトピスマイルを塗るといいです。

潤いアップで肌のバリア機能を修復してかゆみも軽減するからです。

病気ではなくかゆみが続くときは、アトピスマイルを試してみてください。
詳しくは→アトピスマイル クリーム 公式サイトはこちら

私も使ってみてよかったです。
口コミは、こちらをどうぞ。
アトピスマイル クリームの口コミと効果

us

関連記事: