デリケートゾーンのVIOライン無駄毛処理のコツ

デリケートゾーンのVIOライン無駄毛処理のコツです。

VIOラインの無駄毛処理は、難しいと思います。

デリケートゾーンなので、向かない処理方法もあります。

それは、抜く行為と、除毛クリームを使っての処理です。

毛抜きによる処理は、剃るより、すぐに毛が生えてこないのがメリットですが、ViОラインには、不向きです。

痛みと手間、更に埋もれ毛や皮膚の中に雑菌が入ると炎症を起こしてしまうことがあるからです。

次に、除毛クリームについてですが、ViОラインは、デリケートなので、肌が弱い方は特に注意が必要です。

炎症を起こす場合があるので、除毛クリームは使わない方が良いです。

カミソリで剃る場合にはコツがあります。

まず、毛足が長い場合は、ハサミなどでカットしておきましょう。

次に、シェイビングクリームを剃る部分につけます。
Vラインからはみ出る予想のラインを剃ります。
Iラインは、サイドの脇の付け根あたりを剃ると良いでしょう。
Oラインは必要であれば、カットする程度で良いでしょう。

ただできれば、カミソリも使わない方がいいです。
もし使ったら十分な保湿が必須です。

◆その際に、保湿できて抑毛もしてくれるコントロールジェルmeを使うとだんだん剃らなくてよくなりますし、美白効果もあるので黒ずまなくていいのもメリットです。

なお、カミソリを使わず時間はかかりますがコントロールジェルmeのみでVIOラインのムダ毛処理も可能です。

天然ハーブがメイン成分なので敏感なデリケートゾーン(VIOライン)にも安心して使えます。
詳しくは→「30日で赤ちゃんみたいなお肌に」話題のムダ毛対策ジェル

DSC_0600

なお自宅で光脱毛をしたい方は、家庭用脱毛器ケノンはVIOラインの脱毛にも使えます。

ViОラインは、デリケートなので無理な行為はしないで、肌に優しいケアを心掛けてください。

プロにお任せしたい方は、脱毛サロンのミュゼプラチナムでVIOラインの無駄毛処理をしてもらうと良いです。

ミュゼの無料カウンセリングで自分にぴったりで格安になるプランを教えてくれたりもしますよ。
時々キャンペーンで格安になることも多いです。
公式サイトをチェックして無料カウンセリングをうけてみてください。
公式サイト→脱毛サロン ミュゼプラチナム



yu

関連記事: